読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インセインSCPのライセンスについて整理する

インセインSCPは、(少なくとも商業出版されたTRPGとしては)恐らく初めての「クリエイティブ・コモンズのもとライセンスされた」ルールとなった。これはSCP自体が同ライセンスのもと「継承」を条件に公開されている、つまり「SCPを利用した二次創作物にも同じライセンス条件を適用すること(BY-SA)」というルールがある以上当然のことだが、この扱い慣れぬ条件が混乱を呼んでいるようだ。

大雑把に言えば、著作物には2種類ある:誰かが著作権を保有しているものと、保有していないものだ。
権利保有者のいる著作については、権利者以外は勝手に使うことができない。法的に認められた引用、または私的利用の範囲でなければ、都度権利者に許諾を求める必要がある。
対して著作権が消滅したもの、あるいは放棄を宣言したもの(パブリック・ドメイン)は誰でも自由に扱うことができる。作品の複製、改変、商業利用、なんでもOK。

クリエイティブ・コモンズ(以下CC)は、「著作権を放棄することなく、しかしパブリック・ドメインに近い扱いに変更する」仕組みだ。いくつかのライセンス条項を守ることを条件に、事前の許諾なく利用することを許可する。
SCPの場合、「表示-継承(BY-SA)」という条件が付いている:「出典を明らかにし権利が誰にあるのかを明記すること」+「これを利用して作られたものも同じライセンス条件で公開されること」だ。つまり、SCPの二次創作はすべてCC BY-SAとなり、出典さえ明示すれば複製でも改変でも商業利用でもいちいち許可を求めずにやって良い。ただしそうやって作ったものは(それが商業作品であっても)同様にCC BY-SAで公開せねばならないので、その作品自体も自由に複製したり改変したり商業利用したりすることを認めなければならないことになる。

で、これがどう混乱するか、というと……「インセインSCPを『利用』した作品、たとえばリプレイやシナリオなどはすべてCC BY-SAになるのでは」という懸念だ。
結論から言うと、それはちょっと違う。CCは「著作権法を上書きする」ものではなく、あくまで「通常の著作権の範囲外を拡張する」ための仕組みである。だから、たとえば正当な引用や私的利用の範囲内であればCCは関係ないし、また権利者が許可を出した範囲内であればCCを適用せずに利用できる:たとえばプレイのためにコピーしたシートに記入してキャラクターを作ったりルール・データを用いてシナリオやリプレイを書いたりしても(慣例的にTRPGの正当な利用として認められている範囲)、それがただちにCC BY-SAになるわけではない。それ以上のことをしようと思った時にだけ、CC BY-SAが発動することになる。
ただし、「インセインSCPに収録されているSCPデータ」はそれぞれにCC BY-SAで公開されたSCPの内容(を元にゲームデータとしてコンバートされた派生物)なので、これらを利用したものを公開する場合はその出典・権利者を明記しCC BY-SAを適用する(もしくは権利者に許諾を得てCC外で公開する)必要があるだろう。この点については、オリジナルのSCPならば問題にならない。

問題があるとすれば「SCP財団などの設定を使う」部分だ:これはSCPがSCPであるための前提条件のようなものなので、無視して独自設定に差し替えることはできない……というか、理論上不可能ではないのだがそれをやった時点でそもそもインセインSCPではないものになってしまうという問題があるため、悩ましい。
ただ、人名などの固有名詞や個々のSCPの設定内容はともかく、「財団」という一般名詞やその設定については正直あまりに漠然としたものしかなく、著作物といえるほどの要件を満たしていないのではないかという気もする(個人的な見解)。
ただし敵対組織などは具体的な名称があるので(判断の難しいところだが)これらを登場させると「著作物の利用」に該当するかも知れない。
いずれにせよ、CCライセンスの境界が曖昧になりそうな部分というのはインセインSCPではなくSCPそのものの部分であり、仮にシナリオやリプレイの公開によって著作権侵害が問題になるとしたら、その当事者は冒険企画局ではなくSCP財団関係者の方、ということになるだろう。

もっとも、CC BY-SAで公開することをそんなに問題視することはないのでは、という気もする:職業ライターの方でもなければ、そもそもシナリオやリプレイを有償公開するようなことはまずないだろうし、そうして無償公開されているシナリオによるリプレイやオリジナル改変を適用したバージョンなども珍しくはないはずで、「許可連絡が欲しいかどうか」ぐらいの違いではないだろうか。

念の為:SCPの利用によってCCライセンス適用を受けるのはあくまでインセインSCPのみで、インセイン自体はCCにはならないことに注意。