読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薄くて軽い大容量モバイルバッテリーを探す

先日の日光観光+ポケモンGOで、iPad Pro(9.7')のバッテリーが満充電でも12時間は保たなかったので、夏休みを前に遠出用のモバイルバッテリーを買っておくことにした。
選定にあたり重視した条件は、

  1. すぐに入手できるもの
  2. iPadの充電用なので出力2アンペア必須
  3. 携行を前提としているのでなるべく軽くて小さいもの
  4. 容量はなるべく多い方が望ましいが、重量・サイズとの兼ね合いで妥協する
  5. できればコンセントプラグ内蔵で直に充電できると望ましい

といったところ。
1、2は必須条件。3と4は互いに関係する条件なのでバランスを見る。
5は、主に「普段あまり機器のバッテリを管理しない」人向けの機能である。妻がコンビニで調達してきたiPhone向けの1Aタイプがこの形式で、普段からiPhoneの充電器代わりにコンセントに挿しっ放しにしておくことで満充電を保ちつつ、外出時にもバッテリと別に充電アダプタを持ち歩かなくて良いという利点がある。

しかしどうやら、コンセント直挿し型は大容量バッテリにはほとんどない機能のようだ。どうしてもサイズが大きくなりがちなので壁に直接挿すのが難しくなるからだろうか。
よって5は諦めて、1と2を満たす範囲で3と4のバランスを見ながら商品を選定した結果、選択したのがこちら。

白と黒の2色があったが、(Amazonプライムを利用すれば)翌日に届くのは白の方だった。
決め手となったのは、重量が200g未満、かつ厚みが13mmしかなく(概ねiPhone6ぐらいのサイズ感である)、にも関わらず8000mAhもの容量を保っている点だ。しかも2000円台とやたら安い。

とりあえずバッテリとしての性能をざっとチェックしてみる。残量26%になったiPadに満充電状態のバッテリを繋ぎ放置し充電回復具合を確認したところ、92%まで回復させることができた。およそ2/3程度を満たせた計算である。前回の旅行ではおよそ8〜9時間で息切れしたので、これがあれば14時間前後は保たせられそうだ。
iPad Pro(9.7')のバッテリ容量は7306mAhだそうで、そうするとこのバッテリで充電できた量はおよそ4870mAh程度。公称8000mAhではあるが、どうしてもバッテリからの出力には少なからぬロスが生じるもので、実際に使用できるのは6〜7割と言われるから、ほぼ60%ぴったりが出ているなら充分に公称値通りだ。
バッテリからの充電中、出力端子のある付近がやや熱くなるが、手で持てないほどの温度ではない。

バッテリ本体のサイズは長辺146mm×幅78mm×厚さ13mm、重量183g。これは、ほぼiPhone 6 plusに匹敵する。バッテリの容量で言えば2750mAhのiPhone 6s plusを1.7回分ほど充電できる計算だ。2台持ちの荷重で3台分の働き。旅のお共に、お一つ如何だろうか。

日帰り観光記:日光東照宮

写真

日光に行ってきた。

関東在住ならば小学校の修学旅行とかで一度は訪れるであろう場所だが、反面「なかなか二度目がない」場所でもある。

しかし世界遺産である「日光東照宮(を含む寺社群)」をはじめ、ちょっと足を伸ばせば風光明媚な湖あり大滝あり温泉ありと、実はかなり見所の多い場所で、しかも都内から片道3時間かからない日帰り観光地でもある。

まあ流石に日帰りでは範囲を絞らざるを得ないが、逆に言えば何度も楽しめるということだ。

 

レンズ

以前、広島-宮島観光の際に「風景を撮るなら広角があればいいだろう」と高を括っていたところ、意外に「寄れないところを寄って撮りたい」というシーンが多く望遠の必要性を痛感したので、今回はレンズも新調した。

当初Tokinaの反射式300mm macroを考えていたのだが、固定焦点は撮影位置を選ぶのと、店頭在庫がなかったので45-175mmズームに手を出してみた。

 LUMIXの45-175mm電動ズーム、35mm換算にして90-350mmと望遠域を幅広くカヴァーするレンズである。これで全長わずか90mm、重量210gと軽量コンパクト、しかも安い。

これにマクロを兼ねた普段使いの12-50mm、広角が足りない時を想定して7.5mm魚眼を携行する。カメラ本体もレンズも小さいので小ぶりなカメラバッグひとつで充分収まる。 

ZKIN Z3737 RAW Hydra サンドコッパー

ZKIN Z3737 RAW Hydra サンドコッパー

 

なお、今回の写真はiPadで撮影したもの以外は基本的にまったくの無加工で掲載している。 

日光へ

都内から鉄道で日光へ行くルートは、大きく分けてJR宇都宮線日光線ルートと東武伊勢崎……えーとスカイツリーラインルートがある。乗換駅へのアクセス次第だが、基本的には時間も料金も東武線の方が優位。

ただしJRは日光駅の駅舎がとても良い。まあ東武日光から歩いてもいいのだが。

f:id:DocSeri:20160725115025j:image

JR日光駅舎。大正元年落成の瀟洒な木造二階建てで、二階の一等客車待合室は現在ではギャラリースペースに。

f:id:DocSeri:20160725133830j:plain

 駅で周遊バスのチケットを買い、駅前の停留所から乗ると10分ほどで二荒山神社前に到着する。

 

f:id:DocSeri:20160725134039j:plain

f:id:DocSeri:20160725114401j:image

f:id:DocSeri:20160725114418j:image

同じ場所を3種のレンズで撮ったもの。使い分けるとかなり異なった画が作れる。

f:id:DocSeri:20160725114645j:image

f:id:DocSeri:20160725114659j:image

至るところ大杉だらけ。そこらの神社なら確実にご神木であろうレベルの巨木が山を覆う。

f:id:DocSeri:20160725114907j:image

大きくなりすぎて倒壊の危険があるのか、それとも修復の際に木材として利用されるのか、切り倒された巨大な切り株も散見される。

 

f:id:DocSeri:20160725133624j:image

二荒山神社の御神籤は種類豊富だが、縁結び御籤は千代紙を使っており結んでも可愛い。

 

f:id:DocSeri:20160725125808j:imagef:id:DocSeri:20160725125821j:imagef:id:DocSeri:20160725125844j:imagef:id:DocSeri:20160725125857j:image

 二荒山神社から南東に向かって東照宮方面へ。

f:id:DocSeri:20160725132851j:imagef:id:DocSeri:20160725132901j:imagef:id:DocSeri:20160725132909j:image

f:id:DocSeri:20160725140226j:imagef:id:DocSeri:20160725140243j:imagef:id:DocSeri:20160725140751j:image

五重塔なんかを撮りつつ参拝料払って中へ。極彩色の装飾については今更私が語るべき事は何もないので代わりに動物の写真をお送りします。なお三猿と眠り猫は補修中につきレプリカなのでスルー。

f:id:DocSeri:20160725141052j:imagef:id:DocSeri:20160725141111j:imagef:id:DocSeri:20160725141124j:imagef:id:DocSeri:20160725141152j:imagef:id:DocSeri:20160725141210j:imagef:id:DocSeri:20160725142228j:image

f:id:DocSeri:20160725141626j:image

狛犬。やけに可愛い。

f:id:DocSeri:20160725141735j:image

大燈籠。和製スチームパンクはこういう意匠でいきたいものだ。

 f:id:DocSeri:20160725142519j:image

外壁も極彩色の施されたレリーフが、それぞれ異なった意匠で彫り込まれているのだが、

f:id:DocSeri:20160725143127j:image

 内側は白ベースに金と無垢の木というコントラストのはっきりした造りで、これがまた格好良い。

 

ところで陽明門は現在改修中で、足場に覆われ外観が見えず残念……と思ったら、外壁が外されその下に描かれていた狩野派の板絵が公開されており、むしろ貴重な機会だったという。

 f:id:DocSeri:20160725144439j:image

本殿・薬師殿は撮影禁止だったので入口だけ。磨かれた漆塗りの板間が鏡のような反射を見せる。

 

この後、道伝いに下って神橋へ。

f:id:DocSeri:20160725145925j:plain

 大袈裟な名だとは思ったが流石は名所、絵になる光景である。

 

気温

朝とはいえ、駅を降りたら肌寒かった。そういえば日光は避暑地なので、だいたい都内より5度ぐらいは気温が低いのだった。夏でも薄手の上着ぐらいはあった方が良さそうだ。

 

食事

東照宮はかなり見応えあるので、朝からこれひとつ巡るだけでも大体お昼時になる、のだがこのあたりはなにしろ寺社エリアであるから店がない。土産物屋を兼ねて観光地価格で蕎麦とか出す店がひとつある程度だ。

おすすめは東照宮を出て少し下った左手にある宝物博物館 、真新しい建物の1階に入っているUCC上島珈琲店のカフェ。値段相応に食べられる。

日光東照宮ホームページ|日光東照宮宝物館

あるいは下ってゆくつもりがあれば、神橋のたもとにある明治時代の物産展にあるカフェレストランは美味しそうだった。

日光物産商会|日光国立公園 神橋のすぐそば

ここは建物としてもなかなか見所。土産物屋としてはいかにも観光地のそれではあるが。

f:id:DocSeri:20160725153933j:plain

 

生物

山の方なので格段に生物相が豊かである。とはいってもそんなに色々観察したわけではないし、昆虫などはすぐ逃げてしまうのでなかなか撮れないのだが。

 f:id:DocSeri:20160725155227j:imagef:id:DocSeri:20160725160302j:imagef:id:DocSeri:20160725160333j:imagef:id:DocSeri:20160725160443j:imagef:id:DocSeri:20160725160946j:imagef:id:DocSeri:20160725161005j:image

最後のは50mmで撮った橋下のトンボと、同じものを175mmで撮ったもの。近付かずに大きく撮れるのは嬉しい。

 

ポケモン

ところで今回の観光では、直前にサービスインしたポケモンGOを遊びながら移動していた。道中が単なる待ち時間ではなく楽しみの時間になるし、地域ごとのポケストップ分布や出現するポケモンの変化なども面白い。

また観光地は人が多いからか他ではあまり見掛けないポケモンが出現するようだ。観光旅行ではわりと子供の興味と親の興味が(年齢的な問題で)噛み合わなかったりすることは少なくないが、大人が好む場所に子供が楽しめるスポットが重なるというのは従来なかった観光の形として、もしかしたら次世代の町おこしの方向性として、アリかも知れない。

ただ、なにしろGPSを常時起動するシステムであるからバッテリの減りは著しい。今回は容量に余裕のあるiPadと、iPhone5Sにモバイルバッテリ携行で望んだが、それでも駅へ戻る前の段階でバッテリ容量が20%を切る有様だった。

シルエットだけ見掛けたロコンを捕獲できなかったのが心残り。

初めてカルドセプトを遊ぶ人のためのスタートガイド

遊戯

ここまでカルドセプト新作「リボルト」の初心者向けに基本的な定石などを紹介してきたけど、どうやら初セプターの中にはもっと手前の段階でつまづいている方が少なからず見受けられるようだ。そういえばヴェテランになると見落しがちだけど、カルドセプトはなかなかにルールがややこしく、チュートリアルで色々言われても憶えきれないぐらいの情報が詰まっているのだった。
まずはごくごく基本的な情報の解説記事が必要だな、というわけでざっと説明してゆこう。

https://topics.nintendo.co.jp/export/sites/nintendo_topics/images/article_img/00000306_05.jpg

これはカルドセプトのプレイ中に表示される、下画面の情報。
大きく分けると、一番上の帯に表示される「終了/勝利条件」、左半分に表示される「現在の魔力と順位」、右半分に表示される「手札」に分かれている。
個別に詳しく説明する。

下画面の見方

終了条件:ラウンド数と勝利条件:目標魔力

一番上の帯は勝利条件、つまり「このゲームに勝つために満たすべきこと」が表示されている。
左側の、この画像では「1/40R」となっている部分は、「現在のラウンド数/最大ラウンド数」。このゲームの場合は40ラウンドで終了し、今が第1ラウンドであることを示している。
ラウンドというのは「プレイヤー全員が順番に行動を終えるまで」の区切りだ。つまり40R制限なら、ゲームが終わるまでに最大40回行動できるということになる。全員が行動すると次のラウンドへと進み、40/40Rになったラウンドが最後まで終わると、そこでゲームが終了する。
右の「目標魔力」は、ゲームに勝利するために目指すべきことが書かれている。この画像の例なら8000G、これ以上の総魔力を貯めて砦に到達すれば、その時点で勝利だ。

総魔力については、次の項で説明しよう。

魔力と順位

(最大)4枚のパネルは参加プレイヤーそれぞれの色を示している。その右端に大きく表示された数字は現在の順位だ。
その左にある四角い枠と英字は「砦通過フラッグ」。字はマップ上の砦に対応し、黒い字はまだ通過していない砦を、白い字は通過した砦を示す。砦を通過すると定額の魔力ボーナスが得られ、すべての砦を通過すると「周回ボーナス」としてまとまった量の魔力が手に入る(周回ボーナスを得ると砦通過フラッグはリセットされる)。
名前の下に2行に並んだ数字は、「現在魔力」と「総魔力」を示している。
魔力、というのはつまりお金だ(けれど単位Gはゴールドじゃなくて「ゲイン」)。現在魔力は手元にある「現金」、総魔力は購入した土地の価値などすぐには現金化できない財産を含めた「総資産」。この総魔力の方を、目標以上に貯める(そしていち早く砦へ戻る)のが、セプターが目指すべき勝利条件となる。

どうやって総魔力を増やすか、は後で説明する。

手札リスト

右側にあるのは現在の手札だ。自分の番には上画面で手札の中身を確認できるが、他プレイヤーの番でもカード名と種類だけは確認できる。属性アイコンの付いたカードはクリーチャー、稲妻か吹き出しのマークはスペル、その他の剣や鎧などのアイコンはアイテムカードだ。
また、左のプレイヤーパネルにタッチすれば他人の手札リストも確認できる。いずれにせよ名前しか見えないから、そのカードの性能は憶えておくしかないけど、敵の行動が予想できるようになるのでとても重要な情報だ。

カードの見方

個別のカードについても、情報を整理しておこう。まあアイテムカードとスペルカードは特殊な制限などもないので、クリーチャーだけの説明に止める。

クリーチャーカード

https://pbs.twimg.com/media/CldjjHIUkAA20Wq.jpg
なるべく多くの情報が載っているカードを探したら、ずいぶんアレなクリーチャーになってしまった。
一番上はカード名。右側に「R」とあるのはカードのレアリティ、つまり入手しやすさを示す。もっとも入手しやすいのが「N」ノーマル、やや手に入りにくいのが「S」ストレンジ、かなり珍しいのが「R」レア、この他に特定条件を満たしたときだけ出現する特殊カード「E」エクストラ、がある。
その下はカードの種類。これは火属性クリーチャー。
「G 20(火)」とあるのはこのカードを使うためのコスト。数字の方は消費する魔力で、属性アイコンは領地コストといって「この属性の土地をこの数だけ占領していないと使うことができない」という意味だ。つまりこのリーチの場合、あらかじめ火属性の土地ひとつ以上を占領した状態であれば魔力20を消費して召喚ができる、ということになる。この他に、カードを示すアイコンがある場合は「手札コスト」、そのカードを使うために手札を捨てなければならないことを示す。
STとHPは攻撃力・防御力。戦闘の時にはこのSTに応じて相手にダメージを与え、HPが0になると破壊される。
STの下にある×付きの属性アイコンは「召喚制限」、この属性の土地には召喚することができない。HPの下のアイコンは「アイテム制限」、戦闘の時にこの種類のアイテムを使うことができない。

STとHPはクリーチャーのもっとも基本的な性能を示すデータだ。HPが高ければ敵の攻撃で破壊されにくく、土地を守るのに向いている。STが高ければ戦闘で敵を破壊しやすく、敵の土地を奪うのに向いている。
魔力コストが高いカードは現在魔力に余裕がないと使えないし、土地を占領しても総魔力が増えにくい。領地コストがあるものは序盤で使えないので枚数を入れすぎないよう注意が必要だ。召喚制限があるカードはいざ戦闘になった時に使えず、アイテム制限があると戦闘の時に困るかもしれない。

総魔力の増やしかた

では、カルドセプトの勝利目標である「総魔力」を増やすにはどうすればいいのか。

基本的には「土地を占領する」「土地のレベルを上げる」の2つが重要になる。

土地のレベルアップ

土地にクリーチャーを召喚すると、その土地は自分の所有物になり、自分の色の枠と「通行料」を示す数値が付き、またその価値が自分の総魔力に加算される。
土地の基本価値は1つあたり100だから、土地を占領するために使用したクリーチャーの召喚コストとの差だけ総魔力が増えることになる。

占領した土地には(クリーチャーの「ダウン状態」が解除されれば)「領地コマンド」を使ってレベルを上げることができる。これは、いくらかの魔力を消費して、消費分以上に土地の価値を引き上げるという仕組みだ。こうして手持ちの魔力を土地に投資してゆくことで、総魔力を引き上げることができる。

自分の土地を誰かが踏むと、通行料をもらえる。通行料は土地の価値とレベルによって決定され、レベルを引き上げるほど高い通行料を奪うことができるようになる。

通行料を支払いたくない場合は、戦って土地を奪うことになる。手札からクリーチャーを召喚し、攻撃して土地を占領しているクリーチャーを倒すことができれば、その土地は自分のものになる。
ただし防衛側のクリーチャーは、(クリーチャーの属性と土地の属性が合っていれば)「地形効果」を得られる。土地のレベル×10がHPに足されるので、レベルの高い土地ほど防御力が大きく上がり、奪われにくい。

レベルアップのやりかた

自分の手番で、ダイスを振って移動した後に、クリーチャーを召喚するか「領地コマンド」を使用するかを選ぶことができる。領地コマンドは、自分の領地にいるクリーチャーに命じて何らかの行動をさせるものだ。隣の土地へ移動させるか、手持ちのクリーチャーと入れ替えるか、土地の属性を変更するか、土地のレベルを上げることができる。
レベルを上げるには一定の魔力を支払う必要がある。1Lv→2Lvは80G、2Lv→3Lvは160G、3Lv→4Lvは320G、4Lv→5Lvは640G必要だ。魔力が足りるなら一度に2レベル以上引き上げてもいい。

土地のレベルアップ まとめ
  • レベルアップによる利点
    • 「総魔力の増加」
    • 「通行料の増加」
    • 「防御力の増加」(ただし土地とクリーチャーの属性が一致している場合に限り)

土地の連鎖

上では「土地のレベルを上げて総魔力を増やす」と書いたけど、実際には単独の土地だけだとレベルを上げても総魔力はあまり増えない。たとえば価値100の土地に80を支払って価値200にしても、総魔力としては+20にしかならない。
そこで重要になるのが「連鎖」だ。
連鎖とは「同じ属性の土地を2つ以上占領する」こと。こうすると、連鎖した土地同士の価値が上がる。
連鎖しない土地は、1Lvだと価値100だ。これが2連鎖だと150になる。2つとも150なので合計300。3連鎖なら180(合計540)、4連鎖では200(合計800)、5連鎖だと220(合計1100)になる。6連鎖以上では価値は上がらないけど、新たに取った土地が100→220になるわけだから価値は大きいし、ひとつ奪われてしまっても他の価値が下がらない。
連鎖なしの場合に比べて5連鎖だと2倍を越える価値を持つから、レベルを上げた時の価値もそれに応じて高くなる。でもレベルを上げるために必要な魔力は同じだから、投資に対してより大きな総魔力増加につながるわけだ。たとえば単独5Lvは価値100→1600(+1500G)に対してコスト1200Gがかかるので差し引き+300Gだが、5連鎖だと同じコスト1200Gで220→3520(+3300G)だから差し引き+2100Gになる。

連鎖のためには「止まる土地の属性をなるべく合わせる」「領地コマンドでクリーチャーを移動させる」「領地コマンドで土地の属性を変更する」方法がある。土地の属性変更は、1Lvの土地なら300G(ただし無属性および複属性の土地は100G)、以降レベルが上がるごとに必要魔力が100Gづつ増えてゆく。できればレベルを上げる前に属性を変更しておきたい。

カルドセプト リボルト:序盤戦を乗り切るために

遊戯

カルドセプトは接待してくれない。
序盤の敵はブックこそ強いカードの入っていない弱敵仕様だが、ダイス目操作もカードドロー操作もないガチ戦だ。まあAIの判断はときどきおかしくて、明らかに勝てない敵に突っ込んでみたりすることがあるのは馬鹿ルーチン入れてるのかランダム処理の結果なのかよくわからないが、少なくとも「わざと手を抜く」ようなことはしない。
一方、プレイヤーのブックも初期は大したカードがないので、戦闘力では似たり寄ったりだ。となると運と判断力が勝敗を分けることになるわけで。

判断力の鍛え方

前作から継承した「アドヴァイスカーソル」機能は、(必ずしも最良とは言えないものの)順当な手を案内してくれる。これに従えばカルドセプト経験のない初心者でも、少なくとも敵AIと同等程度の判断力が保証されるわけだ。
ただ、この機能は「オススメの選択肢」を教えてくれるだけであって、「なぜそれがオススメなのか」は教えてくれないから、これに従っていても「なんとなく勝てる」だけで「勝ち方がわかる」ようにはならないという問題点もある。
結局、判断力は知識と経験で培うしかなく、育つ前にやめてしまう人も多そうだ……というわけで、判断力を育てるべくセオリーをざっくり紹介する。

戦闘より通行料より移動力より資産運用

カルドセプトはカードを集めて自分だけのブックを構築して戦う、いわゆるTCGの系譜だから、つい戦闘力を重視してしまう。
でもカルドセプトの勝利条件は「相手のライフを0にする」とかではなくて「総魔力を目標以上にして砦に戻る」だ。そこを忘れると「戦いには勝ってるはずなのにゲームに負ける」ようなことにもなりかねない。

また、高レベルの領地を踏むと魔力をがっぽり奪われる。これは確かに脅威だし、奪った分を一気に投資して拠点を増やされると厄介この上ない。
けれど拠点を作ってもダイス目で越えられては無意味だし、踏ませても奪われてしまっては無意味どころかマイナスだ。土地のレベル上げは「通行料を奪う」ことが主目的ではなく(それはそれで敵の行動を制限するので悪くはないんだけど)、「総魔力を増やす」ための行為だということを意識しよう。

あるいはダイス目が良ければ敵の領地もどんどん越えられるし周回ボーナスももらえる。スゴロクのようにも見えるから、つい大きな目を期待してしまう。
しかしカルドセプトはレースゲームではないから、速く動くだけでは何にもならない。周回ボーナスによる総魔力の増加なんて目標額からすれば微々たるもので、それだけではあまりに心許ない。

結局のところ、勝つためには総魔力を増やさねばならない。そのためには「領地を増やす」「領地の属性を揃える」「領地に投資してレベルを上げる」必要がある。

詳しい計算の話などをするとややこしく感じられるかと思うのでその辺は別項で説明するが、とりあえず属性を揃えて連鎖を増やす(そのためにはブックの属性を絞り、属性の合う土地を集中的に占領する)こと、その上で連鎖の多い土地をレベルアップすることが重要になる。
たとえば連鎖のない土地を5Lvに上げても総魔力は300しか増えない(投資1200G:価値100→1600G)が、2連鎖にするだけでも総魔力の増加量は+1050にもなり、4連鎖なら+1800……と劇的に増加する。

というわけで、まずは「資産を増やす」ことを意識して進めてみよう。それだけで勝ちやすさが変わるはずだ。

カードの効果を憶える

どんなTCGでも同じだが、相手がどんな手を使ってくるのかわからないようでは勝てない。まずはカードをある程度憶える必要がある。
カルドセプトTCGとしてはかなり特殊で、他人の手番に手札が見えるので何を持っているか調べようがあるのだが、リボルトでは下画面をタッチすればいつでも手札が確認できるようになった。これにより不意打ちはほとんどなくなったが、しかしカード名から効果が把握できなければ意味がない。
とりあえず序盤戦では武器/防具の増加量を把握しておくといいだろう。

  • 武器
    • ST+20
      • メイス
      • マグマハンマー(強打)
      • ストームスピア(強打)
      • ドリルランス(貫通)
    • ST+30
      • ロングソード
      • イーグルレイピア(先制)
      • ムーンシミター
    • ST+40
      • バトルアックス
  • 防具
    • HP+30
      • チェインメイル
    • HP+40
      • スケールアーマー
    • HP+50
      • プレートメイル
    • その他
      • スパイクシールド(ダメージ半減・反射)
  • 巻物
    • ティアリングハロー(貫通、ST実質45)
    • スパークボール(貫通、ST40)

全アイテムではなく序盤で遭遇するもののみ抜粋した。数値だけでなく、強打や先制など計算を狂わせる可能性のある能力には注意。
戦闘に入る前に結果が計算できるようになると、たとえば「敢えて高額領地を踏んで奪う」とか、攻撃を受けて「これは防具付けても無駄だから手札を温存する」といった判断が効くようになる。

ブックの鍛え方

1戦終えると、上画面に総魔力の変動グラフが、下画面に色々なデータが出る。これを見ると、上手くいった部分と駄目だった部分が見えてくる。
たとえば侵略の成功率が低い場合、ブックに攻撃力が足りていない可能性が高い。防御の成功率が低いなら防御力不足。カードを集めて不足を補いたい。
また、序盤の魔力増加率が低いようならうまくクリーチャーを召喚できていないか、召喚コストが高く資産増加に結び付いていない可能性がある。たとえば召喚に制限のあるカードが多いとか、クリーチャーの枚数が少ないブックだと、序盤に召喚できないままダイス振って移動するだけ、ということになりかねない。まあ「出目がぴったり特殊地形か敵領地にしか止まらないので召喚できない」みたいな不運はどうしようもないが、そちらはホーリーワードなど移動系スペルで補おう。

とりあえず、まったく役に立たないスタチューの入れ替えから始めるといいだろう。
ブック火地で始めた人はキングバランを入れるといい。ST60の高火力クリーチャーで、マグマハンマーを持たせればST120の強烈な攻撃が可能になる。HPも50と高いので、奪取拠点の防衛にも十分な性能を発揮する。ただしコストは少々高め。地属性を増やすなら同じく高STで先制無効も付いたグレートタスカーもいいだろう。
ブック水風の人は先制持ちで水・風どちらにも置けるサーペントフライやアイテムを遠慮なく使えるケンタウロストリトンあたりがいいかも知れない。
またアイテムではレア度Nのクリーチャーに持たせると強いプラックソード、落とせない拠点を踏んだ時に通行料を0にするムーンシミターなどがおすすめ。
いずれもレア度Nから選んだので入手はしやすいはずだ。

アイテムはあまり枚数を増やさないこと。戦闘の時にしか使わないカードなので、枚数が多いと手元でダブついて無駄に捨てるはめになる。相手から攻撃を受ける可能性を考えれば防具は切らしたくないが、武器はそれほど必要な場面は多くないので、必殺の武器をほんの2〜3枚でいい。
クリーチャーはブックの半数よりちょっと多いぐらいがいいだろう。

連鎖と資産と通行料の関係

上ではさらっと流したけど、連鎖するとどんな良いことがあるのか、具体的な数値で示しておこう。

土地の価値

土地を連鎖=同じ属性を2つ以上占領すると、それだけで土地の価値が上がる。
土地魔力表

土地Lv 単領 差分 2連鎖 差分 3連鎖 差分 4連鎖 差分 5連鎖 差分
1 100 +50 150 +30 180 +20 200 +20 220 -
コスト(差分) +100 -80(20) +150 -80(70) +180 -80(100) +200 -80(120) +220 -80(140)
2 200 +100 300 +60 360 +40 400 +40 440 -
コスト(差分) +200 -160(40) +300 -160(140) +360 -160(200) +400 -160(240) +440 -160(280)
3 400 +200 600 +120 720 +80 800 +80 880 -
コスト(差分) +400 -320(80) +600 -320(280) +720 -320(400) +800 -320(480) +880 -320(560)
4 800 +400 1,200 +240 1,440 +160 1,600 +160 1,760 -
コスト(差分) +800 -640(160) +1200 -640(560) +1440 -640(800) +1600 -640(960) +1760 -640(1120)
5 1,600 +800 2,400 +480 2,880 +320 3,200 +320 3,520 -

ちょっとわかりにくいかも知れないが、縦が「同じ連鎖数で土地レベルが上がった時の価格変化(およびレベル上げに費した魔力との差分)」、横が「同じ土地レベルで連鎖数が上がった時の価格(および魔力の増加量)」。
土地レベルが同じでも、連鎖すると土地価格は上がる。2連鎖だと1.5倍、4連鎖なら2倍。連鎖した複数の土地が一度に上がるから、総魔力は結構大きく上がる。たとえば単領の1Lv×5なら資産価値は100×5=500だが、5連鎖だと220×5=1100となって+600。
一方、レベルを上げることでも資産価値は上がる。土地レベルアップに必要なコストは土地の基本価格の80%だから、投資価格から見れば25%だけ資産が増える計算になる。5Lvにまで引き上げるには80+160+320+640=1200Gもかかるので、そうまでしても単領だと資産増加たった300(100→1600G)と全然見合わない感じがするが、2連鎖にするだけで150→2400Gと差し引き1050の増加、3連鎖なら180→3200Gで1820Gもの増加。これぐらいになると投資魔力を完全に上回る増加が見込めるのですごく割が良い。
もちろん連鎖を増やすためにも実際には召喚コストがかかるのだから、連鎖による総魔力増加はこの表より若干少なくなるはずだけれど、明らかにそれを上回る価値があるので連鎖は積極的に作ろう。

土地の通行料

上のは土地そのものの価値の話だが、次に説明するのは土地の価値を上げることによる通行料の変化だ。

土地Lv 単領/通行料 2連鎖/通行料 3連鎖/通行料 4連鎖/通行料 5連鎖/通行料 割合
1 100/20 150/30 180/36 200/40 220/44 ×0.2
2 200/60 300/90 360/108 400/120 440/132 ×0.3
3 400/160 600/240 720/288 800/320 880/352 ×0.4
4 800/480 1200/720 1440/864 1600/960 1760/1056 ×0.6
5 1600/1280 2400/1920 2880/2304 3200/2560 3520/2816 ×0.8

通行料はレベルによって地価に対する割合が変化する。地価そのものが上がるので連鎖すればその分だけ通行料も上がるが、5連鎖するよりレベルをひとつ上げた方が通行料の上昇割合は高い。防御力も上がるから、足止めクリーチャーなど通行料で戦うブックコンセプトなら連鎖が低いうちから積極的なレベル上げも悪くない戦術だろう。

一応、入門的記事として「カードバトルで勝とうとするな」「スピードアップで勝とうとするな」「通行料で勝とうとするな」ということを書いたが、それはあくまで「基本戦術ではない」というだけの話で、必ずしも常にそれが悪いやり方だというわけでもない。ブックの構成次第では基本から外れた戦術だって充分にアリだ。ただそれは、基本を知った上でやるべきことではあるが。

Kindleの整備

書物

iPadをAir2からPro9.7に買い替えた。初めてiPadを導入したminiの時は、即日購入できるモデルということで32GBを選択したところ容量が全然足りなかったので、Air2では最大の128GBを買ったにも関わらずKindle端末として本格利用を開始したら容量の大半を喰い潰してしまった(Kindleだけで72GBほどある)ので、Proかどうかの問題よりも容量を倍にしたかったというのが主な動機である。

機種変更の際には色々と設定やデータの移行が必要となるが、基本的にはアプリのデータなどはほぼ全てiTunes経由かクラウドで同期可能なので、あまり問題はない。
しかし毎度ながら深刻なのがKindleだ。無論こちらもサーバ側に購入情報がすべて保存されており、アカウント認証さえすれば同期できるのだが、なにぶん量が多い。とはいってもまだ1500冊まで行かないぐらいだが、これらを順次ダウンロードし直さねばならない。

kindleには自動での同期機能がないので、ダウンロードは手動である。コレクション単位では一括のダウンロードが可能なので「メンテ用」と名付けた、(期間限定無料本などの不要分を除いた)全タイトルコレクションを作ってあるのだが、これはこれで運用が難しい:なにしろ一括ダウンロード開始はできても一括停止機能はないのだ。
Kindleサーバからのダウンロードは決して速くはなく、光+Wi-Fi(5GHz)の高速回線であってもコミック1冊(およそ40MB程度)に1分強かかる。明らかにkindle側のサーバ回線がボトルネックなのだろう。常時多数のユーザが接続しているのだから致し方ないとはいえ、1冊1分で1400〜1500あると単純計算で丸々24時間程度かかることになるわけで、よほど時間に余裕がある時でもなければ厳しいものがある。
たとえばダウンロード中に優先して読みたいタイトルができたとしても、既にダウンロード予約されている分を手動でひとつひとつ取り消してゆくか、諦めて全部ダウンロードされてくるのを待つしかなく、そう考えると一括DL用メンテコレクションはあまり良い方法ではない。
また、何故か一括ダウンロードしておくと少なからぬ割合で「データの壊れた」本ができてしまう:開こうとすると「削除してダウンロードし直してください」というアラートが出るので、これも手動でメンテせざるを得ないが、実際に開いてみるまでわからないので面倒だ。
結局、一括は諦めて「読む時にシリーズまとめてダウンロード」という運用にシフトしつつあるのだが、こちらも例えば検索したものを一括ダウンロードする機能などはないので、手動でどうにかするか、あるいは冊数の多いシリーズなどは個別にコレクションを作る必要がありそうだ。

NERFに装飾を

遊戯 架空

f:id:DocSeri:20160618140641j:plain
何度でも書くけどNERFは塗装すると見違える。というわけでNERFリペイント・プロジェクト第三弾は8銃身ショットガン「ROUGHCUT」の銃身装飾。

(なお第一段と第二弾はこちら。)
d.hatena.ne.jp
d.hatena.ne.jp

前段

きっかけはこの写真だった。
https://img0.etsystatic.com/048/0/9910733/il_fullxfull.672839814_6vu8.jpg
金属色に塗られたボディに、手掘りの蔦模様。あまりの渋さに、それまであまり興味を持っていなかったROUGHCUTが俄に魅力的に思えてきて、しかし既に国内正規販売がなかったのでオークションで入手。

さて、どうやって装飾を施すかが問題である。直接彫り込んでゆくのが一番手軽かも知れないが、それでは上の写真でやっていることの真似でしかないし、それに彫刻の心得はないので綺麗に彫れる自信はない。
そもそも銃身彫刻というのは確かに「平滑な面を鑿で彫り込む」ものではあるのだが、線を彫り込むというよりは「線を残して周囲を彫り込む」感じが一般的で、つまり装飾部分が立体的に残るイメージになる。また別の素材(たとえば金など)を象嵌して元の平面より盛り上げて装飾する場合もある。
どうせならそういう立体感も出したい。

そういうわけで、既存の装飾を切り貼りすることを考えた。既製品が使えるなら形の揃った綺麗な装飾が可能になるし、一石二鳥だ。
問題は、そういう装飾に心当たりがないことで。スーパーで扱ってるオードブル盛り合わせとかの載ってるペラペラの樹脂にメッキしたような皿とかに蔦模様っぽい装飾あったりしなかったっけ……と業務用品の通販などを検索してみるも、いい感じのものが見当たらない。
妻に助言を求めたところ「そういう装飾用の飾り紙があるよ」と紹介してくれたのが、ドレスデンペーパーあるいはドレスデントリムスと呼ばれる、箔押しの厚紙をエンボスして打ち抜いたものである。
zakka-minimini.com
様々なデザインのある中から蔦模様として使えそうなものをいくつか購入してみた。

工程

さて、NERFをバラして下加工してゆこう。
分解と塗装の基本的な情報は下記を参考にされたい。
www.saba-navi.com
塗装にあたり大きな懸念になるのは可動部品の摩擦による塗料剥がれである。ROUGHCUTの場合、可動部品はスライドグリップとトリガーの2点だ。
トリガーについてはこれを見越してパワーのある米国仕様のオレンジトリガーモデルではなく国内向けのグレイトリガーモデルを購入しておいたので、無塗装で済ませるつもりである。
問題はスライドするフォアグリップの方で、中古であったため既に本体のフォアグリップと当たる部分に擦れが生じているのが確認できた。この部分については何らかの対策が必要だろう。そこでサイドに直線的な溝を彫ることにより直接の接触を避け、またフォアグリップ側も僅かに削って隙間を確保することにした。ついでに側面の滑り止めは時代的なイメージに合わないので、これも削り落としておく。

ドレスデントリムスは部品ごとに切り抜き、大きなものから先に箇所を決めて瞬間接着剤で貼ってゆく。それから隙間を細かい模様で埋めて、バラバラの模様が一つながりに見えるように配置してゆく。
片面ができたら、ほぼ対称になるように裏面を貼る。側面は見比べないので細かな違いがあっても大丈夫だが、上面は比較しやすいのでなるべく位置を合わせる。
f:id:DocSeri:20160617013220j:plain
形状の加工がすべて済んだら、塗装のために表面へ黒のサーフェイサーを吹いて下塗りとする。

塗りの前に塗料をチェック。しばらく使っていないものは揮発して固まっていたりするので、検品を兼ねて適当な紙に色を塗って発色をチェックし、使う色を決める。ついでに木目の塗り方についてもテストしてみる。

f:id:DocSeri:20160617235457j:plain
フォアグリップの木目塗り。下地を黒で塗ったのでミディアムグレイをドライブラシして全体的な木目の流れ方向を作りつつ面相筆で黒を細く乗せておく。
その上からクリアオレンジを筆塗りしたのが右の状態、さらにクリアレッドも塗ったのが左。マホガニーっぽい仕上がり。

f:id:DocSeri:20160618011805j:plain
銃床の方は色を変えたかったので塗り方を変えてみる。バフで下塗りした上にレッドブラウンとブラックで細い木目を引いてゆき(右)、その上からクリアオレンジを塗る(左)。
f:id:DocSeri:20160618074031j:plain
更にスモークグレイを重ねたのが左の状態。クリアオレンジまでの右、クリアレッドを重ねたフォアグリップ(中)との比較。

f:id:DocSeri:20160618093626:plainhttp://f.hatena.ne.jp/DocSeri/20160618093626
本体の塗り分け。元々の塗装イメージに合わせ、青だった部分はブロンズで、白だった部分をフラットアルミで塗り潰す。

f:id:DocSeri:20160618123432j:plain
貼り込んだ装飾部分にリーフゴールドを乗せてゆく。

f:id:DocSeri:20160618123506j:plain
フラットアルミで銀色に塗った帯の部分には面積の広い装飾を多く貼っているので、すべてをリーフゴールドで塗ってしまうと銀色っぽさが出ない。そこでやや白っぽい色合いのチタンゴールドを塗ってみたが、それだと下のフラットアルミとのコントラスト差が弱い。というわけで最終的にリーフゴールドで縁取った。

f:id:DocSeri:20160618123609j:plain
微細な模様を浮き上がらせるためにスミ入れ塗料を塗る(左)。無加工(右)に比べ色合いが落ち着き、凹凸が強調される。

スミ入れ塗料 (ブラック)

スミ入れ塗料 (ブラック)

一通りの塗装が終わったら、仮組みして全体のバランスをチェック。ここで最終的な修正を終えたら仕上げにトップコートを吹いて表面を保護する。
組み上げて動作テストしたら、作業完了。
事前の表面加工に1日、ドレスデン・トリムスでの装飾に片面2日、塗装に1日を費した。

完成

f:id:DocSeri:20160618140641j:plain
f:id:DocSeri:20160618140820j:plain
f:id:DocSeri:20160618140704j:plain
f:id:DocSeri:20160618140842j:plain
f:id:DocSeri:20160618140910j:plain
f:id:DocSeri:20160618140942j:plain
f:id:DocSeri:20160618141101j:plain
前装式 金銀象嵌銃、銘「乱切」二連四射(Engraved-Gun-like, NERF RoughCut 2x4 Blaster mod)。

Macでファイルを便利にアレコレする

仕事の都合で、大量のファイルを一気に処理せねばならないことがある。ひとつひとつ手作業でやると退屈すぎて注意力散漫になるのでミスも増えるし、時間もかかる。なるべく一気に自動で済ませてしまいたい。
アレコレ、といいつつ2つしか書いてないのは、とりあえず自分に必要なのがこの2点だったから。

画像の圧縮

Web用の画像ではわりとピクセルサイズやファイルサイズが指定されることが多い。もちろん少数ならばPhotoshopでちょいと書き出してやれば済むのだが、点数が多くなってくるとなかなか面倒だ。アクションを作ってバッチファイルで自動処理させる手もあるのだが、ピクセルサイズの変更はともかくファイルサイズの方はちょっと困る:Photoshopのファイル保存機能はなぜかファイルサイズ指定で圧縮率を調整しても、設定としては圧縮率しか保存できない=異なる画像を同じ圧縮率で保存することは可能でも同じファイルサイズで保存する機能はないのだ。

そんなわけで「指定ファイルサイズに収まるように再圧縮する」フリーウェアを探してみたところ、Windows用に「縮小専用。」というソフトを発見、そのAdobeAir版がMac上での動作に対応していた。
縮小専用AIR | i-section.net
ウィンドウへのドラッグ&ドロップで複数ファイルの一括加工が可能。ただしフォルダごとのドロップには非対応のようで、やってみたら考え込んだまま動かなくなってしまった。
定型サイズへの変形(長辺を指定サイズに)や圧縮率指定、画像へのフィルタ加工などの機能もあるが、ここで重要なのはファイルサイズ指定機能。元サイズがどうであれ指定サイズ以下に圧縮し直してくれる。
加工済みファイルは頭または尻に文字列を付加して元フォルダに保存するか、あるいは設定したフォルダ名で新規フォルダを作ってそこに保存してくれるので、元ファイルを上書きしてしまうことはない。

ファイルのリネーム

多数のファイルを扱う仕事では、ファイル名の付け直しに追われることも少なくない。ひとつひとつ手作業でやるのは面倒なので、ある程度の規則性があるなら一括で処理したいところだ。
ファイルリネームのためのアプリではこの「Shupapan」が随一だろう。
Sunskysoft - Shupapan|Shupapan
ファイル名を連番に変更、あるいは連番付きに変更、日付の付加、拡張子の変更、大文字←→小文字や全角←→半角、ファイル名の文字数を頭または尻から指定字数削除あるいは字数残し、指定文字列の置換では正規表現に対応、更には機種依存文字の削除やファイル名文字化けの修復と至れり尽くせりの機能性である。
ドラッグ&ドロップはフォルダごと可能、階層も保ったまま読み込める。ファイル名は処理前に結果をプレビューでき、必要に応じ対象/対象外をチェックボックスで切り替えも可能。