読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプラトゥーン:はじめての人のための、ローラーの使い方

もっともスプラトゥーンらしいブキといえば、ローラーだろう。ほかのゲームにはない「()る」ためのブキだ。
()つ」ブキとちがって、ねらいを合わせて当てなくても敵のいる場所を通りすぎるだけで倒せるし、広い場所を楽に塗れるので、スプラトゥーンをはじめたばかりではこれを選ぶ人が多い。
その代わり、最初にうまく行かなくなるのもローラーだ。
敵にローラーがいると、広い場所をどんどん塗り変えられてしまうので、なるべく倒しておかなければならない。だからよくねらわれるし、ほとんどのブキはローラーが倒すよりも早く、ローラーを撃って倒してしまうことができる。
ちょっとうまい人が敵にいると、ローラーはどんどんやられて、何もできずに終わってしまう。
もちろん、やられないためにブキを変えてみるというのもいい。でも今までローラーでやってきて、この後もローラーを使い続けたいと思うなら、ローラーでうまくなるための方法を考えてみよう。

下を向かない

ローラーをやっている人を見ると、地面を見ながら塗っている人が多い。シューターなら足元を塗りながら動く必要もあるから、つい塗っている場所を見ちゃうのはわかるけど、ローラーは足元を自動的に塗りながら進むんだから、下の方を見る必要はない。
下を向いていると回りに気付かなくなる。どこが多く敵に塗られているか、敵はどこにいるか。なるべく回りを見ながら動くようにしよう。

無理に戦わない

ローラーは敵にぶつかれば倒せる強いブキだけど、敵に向かってつっこんで行くとあっさり倒される弱いブキだ。だから、あまり戦おうとしない方がいい。戦っていいのは敵がこっちを見ていない時だけ。前に敵がいて、気付かれているなら、今塗ってきたところをイカになってもどろう(塗りながら移動するとあんまり早く動けないから、敵に追いつかれてしまうかも知れない)。インクがあればボムを投げておくのもいいだろう。敵はボムからにげるので追いかけてこなくなる。

戦い方をおぼえる

ローラーは、敵に気付かれているととても弱い。でも敵がこちらに気付いていない時はとても強い。なにしろ当てられさえすれば(いちげき)一撃だから。
動画などでうまい人の戦いを見てみると、だいたい「インクにかくれて、敵が近くに来た時にジャンプして振る」感じで戦っている。この戦い方をおぼえると、ローラーでもかなり戦えるようになる。
ただ「インクにかくれて待つ」間は塗れないわけだから、ガチマッチのような「たくさん倒すと勝ちやすい」バトルならいいけど塗れば勝ちのナワバリバトルではやりすぎに注意。

マップを見る

これはローラーだけじゃなく、どのブキでも重要なこと。マップを見ると、味方がどこにいるかわかる。味方が倒されて×が付いた場所や、敵の色に変わってゆくあたりには敵がいることもわかる。すると、どこに塗れる場所があるか、どう行けば敵に合わずに動けそうか、どこで敵を倒せばいいかもわかってくる。

倒されない

倒されると、(ギアパワーにもよるけど)スタート地点に戻るまで10秒ぐらいかかる。
ゲーム時間はナワバリバトルで180秒、ガチマッチで300秒しかないから、そのうち10秒ぐらいが使えなくなるとその分だけ塗れる量が減る。
もちろん、こちらが敵を倒せれば、その分だけ敵に塗られるのをふせげる。それに、倒した敵のいた場所には自分の色が(もちろん、自分が倒された時には敵の色が)塗られるので、その分だけ有利だ。
ゲームの最後に、塗ったポイントとともに「倒した数」「倒された数」が出るから、なるべく倒した数の方が倒された数より多くなるように、ということも考えて動いてみよう。