本好きの下剋上 ブックガイド

累計部数100万、2017年・2018年の「このラノベがすごい!」で連続1位という人気作「本好きの下剋上」が、ようやくアニメ化されることになった。
booklove-anime.jp
話題となったので、今から読んでみようという人も多いだろう。しかし刊行数の多さで混乱しがちと思われるので、ガイダンスを書いてみた。

本好きの下剋上」とは

2013年9月から2017年3月まで、3年半にわたり「小説家になろう」で連載され続けた異世界転生ビブリオ・ファンタジー。「本のためなら死んでもいい」書痴娘が、本の手に入らない世界に転生し「だったら自分で作ろう」と奮闘する物語である。
原作となる「小説家になろう」版のほか、TOブックスから刊行中の書籍(現在第四部の半ば)、ニコニコ静画ほかWeb漫画サイト各所で連載中のコミカライズ(第一部完結、現在第二部・第三部平行連載中)がある。

書籍版公式サイト

www.tobooks.jp

漫画版(ニコニコ静画)

seiga.nicovideo.jp
seiga.nicovideo.jp
seiga.nicovideo.jp

本好きの下剋上」はそのタイトル通り、なんの力も持たない貧しい平民の病弱な幼女が、「好きなだけ本を読める世界」の実現を目指して成り上がってゆく物語だ。出世のたびにできることが増え、関わる世界が拡がり、引き起こされる事件が大きくなってゆく。
本作は全五部で構成され、それぞれに主人公の立場が変化し、それを取り巻く環境も大きく変わる。
そのうち第一部および第二部までがアニメ化されるのは確実と見られるが、第三部以降がどうなるかは今のところ不明。
各部の概要を解説する。

第一部

平民編。本を作るために、まずは紙(もしくはそれに代わるもの)を作ろうと奮闘する主人公が、しかし生来の虚弱ゆえに自分自身では何もできず周囲を振り回す。
当初は本を読めないことの絶望と、「見知らぬ家族」への馴染めなさから本作りへの希望に逃げ込み、身勝手な振る舞いを見せるものの、徐々に周囲の人との絆ができ、助け合うようになるまでの成長物語……なのだけれど、序盤の身勝手さで嫌気がさして読むのを止めるという人も少なくない。とりあえず中盤からの重要キャラ、商人ベンノが出るぐらいまでは読んでいただきたいところだが、どうせなら完結済のコミックス第一部(全7巻)から読み始めた方がマイルドかも知れない。

漫画

第二部

神殿編。厳格な身分差のあるこの世界で、貴族社会と平民社会の間に位置する神殿を舞台に、高級品である紙の主要顧客となる貴族との付き合いや、その貴族相手に商売する高級店のやり方を学んでゆく。
第二部もコミカライズされている(第一巻が4月末に刊行予定)が、書籍版で3冊分の第一部を描き終えるまでに3年かかったことを鑑みるに、第二部4冊分も完結までには4年ほどかかると思われ、アニメ放映までに第二部を漫画で読み終えることはできそうにない。ここは書籍版で予習しておきたい。

第三部

貴族編。平民のままでは守り切れなくなったため、貴族としての経歴を与えられ、領主の養女として生きることに。一気に権限が大きくなったので製紙・印刷が急進する一方、取り巻く社会も拡がり、関わる事件も大きくなってゆく。
コミカライズは第二部と平行で進められており、第三部の方が若干早くに刊行されているため漫画で追う人は買い間違いに注意。

第四部

貴族の子供たちが通う魔法学校編。ここからは大人の庇護を離れて子供だけで貴族社会を乗り切ってゆくことになるが、なにぶん貴族の(というかこの世界の)常識に欠ける主人公はあちこちで騒動を巻き起こし、その報告を受けて保護者たちが頭を抱える。
現在書籍が刊行中、コミカライズは未定。また、外伝が1冊刊行されている。

書籍

外伝

第四部の貴族院に通う、主人公以外の視点からの短編集。

ふぁんぶっく

書籍カラーイラストとそのラフ画、キャラクター設定画、書き下ろし短編小説/漫画、Q&Aなどが掲載されている。書籍扱いではないのでTOブックス通販か電書のみにて流通。