耳に挿れないイアフォンを

私の耳はどうも標準的な形状から外れているらしく、現在の主流となっているカナル型イアフォンが耳道に収まらず、押し出されて脱落してしまう。
昔ながらの耳介軟骨に引っ掛けるインナーイアフォンならば使えないこともないが、耳の硬い面に当たるのでしばらく着けていると痛くなってくるし、やはり脱落しやすい。
耳かけフックで支えるタイプは脱落の心配こそないが、眼鏡の蔓と干渉するため好ましくない。
ヘッドフォンもまた蔓を押し付けてしまうため、着用していると耳の上あたりが痛くなる。一応、イアパッドの柔らかい機種にすることで圧迫感を減らし、ヘッドバンドを長くすることでイアパッドの上側を開き気味にして圧を減少させ、また着用時は眼鏡の蔓をイアパッドの上にかけるようにしてみる……など工夫すれば使えないわけではないのだが、色々と気を使う必要があるのは若干面倒だ。
ついでに、雨具を傘からレインジャケットに替えたこともあり、フードを被るのにヘッドフォンだと邪魔になるという問題もある。

そういうわけで、「しっかり固定できて脱落しない」「眼鏡と干渉しない」「フードの邪魔にならない」を条件として新たにウェアラブルな音響装置を選定することにした。
基本的な候補としては、「肩に乗せるスピーカー」「骨伝導タイプ」そして「耳朶を挟んで止めるタイプ」の3種である。

ウェアラブルネックスピーカー

Amazon:ウェアラブルネックスピーカー
首から肩にかけて小型のスピーカーユニットを乗せ、耳に近い位置から音を鳴らす個人用スピーカー。
主に映画やゲームなどで、大型のサウンドシステムを導入できない場合に迫力をカヴァーすることを目的にしているらしく、重低音を「体感」するための振動板が入っていたりする。
音楽プレーヤーとの接続をメインにしていないため、専用のワイアレス送信機を据え付ける必要がある機種もあり注意を要する。また比較的高価格(2〜5万ぐらいが中心のようだ)。
これはこれで興味はあるものの、周囲に音が伝わるスピーカーでは通勤中の音楽再生用途に向かないので、今回は見送る。

骨伝導ヘッドフォン

Amazon:骨伝導ヘッドフォン
耳道ではなくその側の骨に当てて内耳に音声振動を伝達する方式のため、耳道を介したイアフォンとは異なり耳の中に固定する必要がない。ただ、左右の耳にそれぞれ振動を伝えるためには耳の付近に押し付けるのが好ましく、耳にフックをかけて固定し耳道の前や耳介の後ろあたりに振動ユニットを置くことが多いため、眼鏡との相性は悪い。
また、鼓膜を通す音とは聞こえ方が異なるため、音声の聞き分けはともかく音楽用となると厳しいのではという印象もある。

頭骨に振動を伝えるためにイアフック式が多い中、耳介軟骨に振動を与えるために耳朶を挟んで固定する形式の「earsopen」という製品がある。これなら眼鏡との干渉は避けられる。
www.boco.co.jp
耳に挟むイアピースとコントローラのみの有線型とネックバンドにイアピースが繋がるBluetooth型、それに一種の補聴器としての機能を有する会話用Bluetooth型の3モデルがラインナップされている。
(これはまだ試していないので、後日レビューしたい)

サウンドイアカフ「Ambie」

耳を挟んで止めるタイプのイアフォンはもう1機種ある。
ambie.co.jp
こちらは耳朶ではなく耳介を後ろ側から挟んで耳道の側まで管で音を届けるタイプ。装着方法が独特である以外の点ではなんら変わったところのないイアフォンであり、形式的に音漏れが懸念されること以外の点ではもっとも需要に合致しそうに思われる。
有線型とBluetooth型があり、今回はBTモデルを買ってみた。

装着感

イアカフユニットとネックバンドはシリコーンで被覆されており肌触りが良い。緩く丸まった細身のネックバンドは柔軟で軽く、首に沿って抜け落ちないが締め付けもせず、装着感はほとんどない。
イアカフも耳朶をしっかり挟み込むが圧迫感はなく、4時間ほど着けっ放しにしてみても痛みなどは生じなかった。
動いてもずれない程度の強さで固定されているが、頬擦りしたら取れるぐらいの弱さでもある。あまりないとは思うが、ネックバンドと繋がるケーブルを引っ掛けられてもイアカフが外れて断線せずに済むのではないかと思う。

耳の窪みに嵌まるのではなく耳道の方向を向くように調節せねばならないので、装着には若干の慣れを要する。サウンドを再生しながら一番良く聞こえるポジションを探るといいだろう。

音量

ユニットが小さくパワーが少ないのと遮音性がないため周辺音に紛れること、また音の発生位置が普通のイアフォンより遠いことが原因かと思われるが、音量は小さい。これまで使っていたヘッドフォンと同程度の音量を得ようと思うと、Musicの再生音量制限(これまで最大ヴォリュームを50%程度に抑えていた)を75%程度まで引き上げる必要があった。
環境音も素通しなので音楽に没頭する感じではないが、そういうものと割り切って使い分けるのが良さそうだ。なお音管の上から指を添えて遮音性を高めてみると伝わる音量も上がるので、もう少し遮音性性を高める交換用イアピースとか出てもいいのではという気もした(有線モデルは取り外し可能だがBTモデルは接着されているので、外付けがいいのかも知れないが)。
音量を上げない限りは周囲の音を阻害することもなく、音楽を流しっ放しで普通に会話できる。自分にしか聞こえていないことを忘れそうだ。
なお、(恐らく通話時に声が遠い時の対策なのだろうが)ネックバンド左のボリューム+を押すとプレイヤー側の設定ヴォリュームを越えて音量を上げることが可能だ。ただし一時的なもので、プレイヤー側で音量を操作すると設定音量に戻る。

音漏れ

オープンエアなのでどうしても漏れるだろうと思っていたが、実際に試してみると意外なほど漏れは少ない。耳朶から抜き取った時点でもう聞こえなくなる、ぐらいに音の伝達範囲は限定的だ。
勿論これは音量にもよってくる。雑踏でもはっきり聞き取れるようにかなり音量を上げた場合は、耳から50cmほど離して机の上に置いても「何か鳴っている」ぐらいには感じられた。
まあ周囲がうるさい場合は漏れた音もまた雑音に紛れてしまうが、いずれにせよ音量は下げ気味に、感覚としては「店内でBGMが鳴っている」ぐらいのところに留めておくのが良さそうだ。あくまで集中して音を聴くためのものではなく、漠然と音楽を流しておくためのものと割り切った方がいいだろう。

音質

わかっていたことだが、低音はぜんぜん鳴らない。拍手の音さえ違ったものに聞こえる。
が、中高音域はクリアで、ヴォーカル曲などは違和感なく聴くことができる。反面、ドラムを多用するロックなどはどうしてもショボい。意外だったのは音域・音量ともにレンジの広いクラシックで、もっと貧相かと思ったら結構ちゃんと聴ける。
面白いのは音場感で、イアフォンのように「耳の中で鳴っている」とかヘッドフォンのように「耳の側で鳴っている」感があまりなく、「前の方から音が来る」感じに聞こえてくる。最初はiPadのスピーカから音が出ているのかイアカフが鳴っているのか判別できなかったほどだ。
一人用のBGM装置としての効果が極めて高いので、たとえばゲームのサントラなどBGM用の曲がすごくマッチする。

使い勝手など

BluetoothのペアリングはNFCに対応しておりタッチで完了するらしいが、iPadにはそれがないので手動でペアリング。電源OFFの状態から電源ボタン長押しで起動→LEDが青く光ったらiPadの設定画面でBT機器をタップしてペアリング完了。
通信の感度はだいぶ弱い。私はiPadなので普段はショルダーバッグに入れて腰のあたりに下げておくのだけれど、距離にして1mも離れていないだろうに少しの姿勢差程度でそれはもうブツブツ切れる。「はっきり聞く機材ではない」特性が却って救いになるほどに切れる。たぶん体の水分が通信を乱してしまうのだろう。手に持って使っている時にはほとんど切れないので、リンク先がスマートフォンで胸ポケットに入れておくような使い方なら大丈夫なのかも知れないけど。
充電はマイクロUSB、フル充電に2.5時間、連続再生時間は公称6時間。長くはないが、充電ポートがネックバンド側であり充電中も電源が切れることはないため、必要ならばモバイルバッテリーで給電しつつ再生することも可能ではある。
(なお実際の持続時間を調べてみようと朝から再生しっ放しで放置しつつiPad側でバッテリ残量表示を確認してみたが、4時間経過時点で70%、8時間で50%となっていた。フル充電後、ペアリングしっ放しでずっと使ってみたところ12時間ほどで電池切れとなった)
全体がシリコンで被覆されてはいるが、防水仕様ではない(充電用のUSBポートなどが開口しているためだろうか)。挟んで止める形式からずれ落ちにくくスポーツ向きであるように思われるので、この点はちょっと残念。将来的に防水モデルが出ることを期待したい。