読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有線ヘッドフォンを無線にする

音楽

イアフォン・ヘッドフォンで一番発生しやすい故障は「ケーブルの断線」である。ハイエンドモデルだとオーディオ本体へ接続するケーブルの根本がピンジャックになっており換装可能なものもあるが、安いものでは直付けなので分解して半田付けし直すか捨てるしかない。
そうでなくてもケーブルの存在はちょっと厄介だ。席を立つ時は外さねばならなかったり、満員電車内などでは乗り降りの際に他人のボタンや鞄などに引っ掛かって抜けたり切れたりする。
利便性を考えるなら、ワイアレスにしたい。

しかしワイアレス化を検討すると、そのヴァリエーションの少なさに驚かされる:たとえばAmazonで「イヤホン・ヘッドホン」カテゴリを見るとイアフォン約1万2千〜3千、ヘッドフォン4千ほどの商品数があるが、「ワイヤレス」で絞り込むとその1/10ぐらいに減じてしまう。つまり、デザインや性能で選ぼうとしてもそもそも候補が少なく、断念せざるを得ないことがかなり多くなる。
しかもワイアレスヘッドフォンは割高である。いや、通常のヘッドフォンに加えてバッテリーを内蔵し通信機能を載せているのだから当然ではあるのだが、そうはいっても場合によっては倍以上も価格差がついたりすると尻込みせざるを得ない。
たとえばゼンハイザーのMOMENTUM On-Earだと、有線モデルなら2万円前後だが
www.amazon.co.jp
Bluetoothモデルだと5万円を越える。
www.amazon.co.jp
まあこれは流石に特殊例だとは思うが、他メーカでも1万円前後は値が変わるようだ。1万の上乗せというのは、何万もする高級機路線ならば大した問題ではないかも知れないが、1万円前後の「そこそこのモデル」を買う感覚でいくと、チープなエントリーモデルで我慢するか予算を倍増するかの選択を迫られる感じになってしまう。

じゃあBluetoothを内蔵しなければいいのではないか。
というわけでBluetoothオーディオレシーバーという選択肢を考える。

BLUENEXT ELANVITAL ワイヤレスステレオレシーバーAirCLIPII ブラック EVSH-03BK

BLUENEXT ELANVITAL ワイヤレスステレオレシーバーAirCLIPII ブラック EVSH-03BK

SONY ワイヤレスオーディオレシーバー Bluetooth対応 マイク付 ブラック DRC-BTN40/B

SONY ワイヤレスオーディオレシーバー Bluetooth対応 マイク付 ブラック DRC-BTN40/B

要するに、ヘッドフォン/イアフォンを差し込むとオーディオ本体との間をBluetoothで通信可能にしてくれるという代物である。コンパクトな分だけヘッドフォン内蔵型よりもバッテリ容量的に不利な面もあるが、内蔵型の耳元操作より手元操作の方がやりやすいしマイクで通話もできるし、なにより内蔵型より安価で済み、しかも好きなヘッドフォンをそのまま利用できる。
ただ近年では、内蔵型のヘッドフォンが広まってきたためかこの手の商品自体がかなり縮小傾向にあるようで、ソニーオーディオテクニカなど主要なオーディオメーカは撤退しつつあり、売っているとしてもイアフォンとのセットのみだったりする。今や主要なメーカーはELECOMのみかも知れない。