読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーダーブレイクのプレイ密度を計算してみる

ボーダーブレイクの「人口密度」を、データから推測してみようと思う。


先日の「大撃破カーニバル」は21日間行なわれ、のべ2億5千8百万dpほどで終了した。1日平均で言えば1230万程度。dpはクラスによって1撃破ごとのポイントが異なるが、A2で25dp、A1で30であることが知られている。A1〜A2クラスは現在のクラス分けで最多層であることが判っているので、便宜上これを全体の平均と考えると、1日あたりの撃破数は40万機前後。一人あたりの1戦撃破数平均が8機だとすれば5万戦/日ほどの分量ということになる。プレイヤー一人が1日に何戦ほどしているのかよく解らないが、1000円で5戦ぐらいはできると考えると大体1万人/日ぐらいのプレイ数だろうか。
作戦開始までの準備時間を見ると、接続完了してからプレイヤー募集を締め切ってゲームスタートまで最長30秒ほど。仮に30秒ごとに作戦が開始されているのだとすれば1時間で1200戦。現在のクラス分けはD5/DC/B/A下位/A上位/SSAの6ランクだから全ランクで30秒ごとに成立しているとすれば7200戦/時間行なわれていることになるが、そうすると1日の実稼動時間は平均で7時間弱ということになる。
一般的なゲームセンターの営業時間は10時〜24時の14時間、ただ平日なら18時〜22時ぐらいまで、休日でも13時〜22時ぐらいまでが実質的なプレイ時間帯だろうと考えられるので、平日4時間×5日+休日9時間×2日で38/7=平均7時間ちょっと、大雑把な計算ながら概ね感覚と一致する。まあ稼動時間7時間とはいってもそれ以外の時間帯が皆無ということはなかろうからもうちょっと増えそうなものだが、サンプリングが主に都内店舗を基準としているので地方ではもう少し減るなどしそうなもので、その辺まで考慮すると大体推定値に合致すると言えそうだ。


いやまあ、計算したからどうってことはないのだけど。